人肌への負担を最小限にするために、ファンデーションはブラシを扱うことがオススメです

ボクは25年を過ぎた時分から過敏スキンになってきたようで、アッという間ににきびができたり、スキンが炎症を起こして赤くなったりしていました。元々脂性スキンなのにこのようなことになってしまい、ファンデーションの状況も陳腐なことが多くなりました。それまでのメイクのしかたはテカりに強いと繋がる根底を多めに塗り、パフを使ってパウダーファンデーションを重ねていました。それでやっていけていたのですが、肌の状態が変わってからはうまくいかないことが多くなりました。ネットで報せを集めて試してみたのは、ブラシを使ってファンデーションをすることだ。テカりを制するために根底もファンデーションも変えたくなかったので、塗りサイドだけでも変えてみようと考えたのです。結果は、ブラシに変更して大結論でした。パフで塗っていた場合よりも埋め合わせ勢いは減りましたが、スキンの炎症がさっとマシになったのです。しかも綺麗に毛孔が隠れて普通感じで束ねることができて至って嬉しいだ。スキンは労わって譲ると、本当に応えて得るんだなと実感できたので、今はファンデーションもゆっくり減らしていこうと考えています。化粧水を悩んだらモイストリフトプリュスセラム